スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクティベータメソッドの特徴 その1(検査法)
当院では通常の神経学検査や整形学検査、筋力検査の他に『アイソレーション検査』という神経反射の評価を行います。

アイソレーション検査はアクティベータメソッド特有の神経反射検査です。

それは”手あげたり”、”首を傾けたり”、、、関節動かしていただいて、その時に身体に防御反射が起こるか、起こらないかを診ていきます。
防御反射が起こると、筋肉が身を守ろうと反応し緊張してきます。
筋肉が緊張すると「足の長さ」が変化します。
そういった反応を診ることによって「神経系」の評価をします。

(例)患者さんが右手を上げる。(検査時はうつ伏せです)
   ・足の長さが変化する→異常
   ・足の長さが変化しない→正常


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。